福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

緊張を和らげたいなら、うなずいてくれる人を探せ!

      2015/08/27

セミナー・講演で話すときに緊張を和らげるために最初にやるべきこと
以前の記事でも書きましたが、緊張しないで人前で話せるようになるためには経験を積むのが一番です。
経験がなくても、高まる緊張を抑える方法はあります。
それは、自分の話をうなずいて聞いている人を見つけだすこと。

人前で話すとき、「自分の話を聞いてくれる人はいるのか」という不安を感じる人は多いでしょう。
この不安が、緊張を必要以上に高めてしまいます。

人前で話をするときに最初にすべきこと、それは自分の話を真剣に聞いている人を探すことです。
話し始めたら、うなずいている人を見つけてください。
話を聞いてうなずいている人を見つけたら、その人に話しかけるような感じで話を進めます。
そうしているうちに「話を聞く人がいるのだろうか」という不安が消えて、緊張が和らぎます。

10年以上講師の仕事を続けている私も、セミナーを始める前は緊張しています。
緊張が高まりすぎないようにセミナー開始後は、うなずいている人を探しています。

ひとつ注意があります。
うなずいている人を見つけた後、その人を長時間見るのはやめてください。
聞き手からすると、講師がずっと自分を見ることに不安を感じるそうです。
また、他の聞き手からは、「自分たちを見ない」ことへの不満が表れます。

緊張が和らいで落ち着いたら、他にうなずいてくれる人を見つけましょう。
うなずく人を多く見つけて、うなずいてくれる人たちに次々と自分の視線を移してください。
そうしていくことで、講師の視線は会場全体に行き渡ります。
講師の視線が行くことで、他の聞き手からの不満はある程度解消されます。

人前で話すとき緊張する方は、うなずいて話を聞いてくれる人を探しましょう。
そして、緊張が和らいだら、うなずいている他の人に視線を移して、全体を見渡してください。

 

緊張、イライラ、不安が消える 自信をつける心理学 (KKロングセラーズ)
PHP研究所 (2015-06-05)
売り上げランキング: 79,553

この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - スピーチ, プレゼン, 講師のお仕事