福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

コミュニケーションを良くしたいなら「立ち位置」を理解すべし!

      2016/03/26

ゼロ秒で相手に伝わる「立ち位置」の法則


コミュニケーションを良くしたいと考えたとき。
意識すべきこととして、まず「言葉づかい」や「しぐさ」があがります。
もうひとつ意識しなければならないことがあります。
それは「立ち位置」。
そのことを教えてくれるのが、オーハシ ヨースケさんの著書「ゼロ秒で相手に伝わる「立ち位置」の法則」(かんき出版)です。


相手とコミュニケーションをとるとき、立ち位置のことを意識している人は少ないでしょう。
私も本書を読むまでは全く意識していませんでした。
オーハシさんは本書で立ち位置についてこう述べています。


同じ言葉でも、相手に足して立つ位置=「立ち位置」によって、言葉の意味は変わるのです。


同じ言葉を発したとしても、立ち位置次第で相手の受け止め方が変わるということなのです。
立ち位置によって人間関係も変わってくることを本書では述べています。
本書では8つの立ち位置に分類し、それぞれの立ち位置についてエクササイズを交えた解説をしています。


この立ち位置ですが、実際の相手との距離感である「物理的な立ち位置(表の自分)」だけではありません。
心理的な距離感ともいうべき「心の立ち位置(裏の自分)」も存在します。
物理的な立ち位置は心の立ち位置に引っ張られると、著者のオーハシさんは言います。
この物理的な立ち位置と心の立ち位置のバランスをうまく取ることの重要性を本書には書かれています。
立ち位置は相手とコミュニケーションだけでなく、自分自身とのコミュニケーションにおいても大事な役割があるのです。


立ち位置次第でコミュニケーションが変わり、人間関係も変わる。
そして、自分自身も変わるのです。
良好なコミュニケーションを築いていきたいのであれば、立ち位置も意識していきましょう。


ゼロ秒で相手に伝わる「立ち位置」の法則
オーハシ ヨースケ
かんき出版
売り上げランキング: 83,950

この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - ライフハック, 読んだ本