福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

人前で話すことに緊張してしまう人へ伝えたい、たった1つのこと

   

451152fa9a95684654e70164b20dda2f_s


小学6年生のとき。
大勢の人の前で話をする機会がありました。
緊張していた私は「うまく話をしよう」とばかり考えていました。


私の出番を迎え、いざ前へ。
なんとか、スムーズに話し始めることができました。
でも、話し始めた途端にみんなが笑い出しました。


なんでだろう。変なことを言ったのかな。
と、考えているうちに自分の行動に気がつきました。
私は話をしながら、手をブンブン振り回していたのです。


おそらく、あまりの緊張に体が動いてしまったのでしょう。
そして、そのことに気づかないくらい緊張していたのです。


講師の仕事をしている現在は、極度に緊張することはなくなりました。
でも、全く緊張しなくなったわけではありません。
今でも緊張することはあるのです。


初めて講義を行うとき、初めて話すセミナーは緊張するもの。
うまく話をできるかな。話を聞いてくれる人はいるのかな。
何百回、人前で話をしてきても、このときは緊張します。


人前で話すことを仕事する私でも緊張します。
あまり人前で話しをする機会がない方に「緊張しないで」って簡単には言えません。


人前で話すと、どうしても緊張してしまう人に伝えたい事があります。
人前に立ったら、開き直ってください!


うまく話をしようとかを考えると、余計に緊張します。
事前にしっかりと準備をしたら、後は開き直りましょう。
そうすると、意外と緊張は解消するものです。
私も人前に立ったら、えいやっと開き直っています。


緊張しないように考えていると、余計に緊張します。
むしろ開き直って、話をしましょう。


この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - スピーチ, プレゼン