福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

あなたの会社を、お店を、お客様は見ている!

   

36dfe5a9d711bde1e2b23773f7baf766_s


以前、わが家の近くに弁当屋がありました。
そのお店は大手の弁当チェーン店でした。
今はありません。
1年近くで閉店したのです。


そのお店で弁当を買いに行ったときの話。


お店の入口前にはベンチがありました。
ベンチ横には灰皿。
お客様用のベンチです。


お店に入ろうとしたときに、ある光景が目に入りました。


従業員2人が入口前のベンチにいました。
ひとりはベンチにドカッと脚組で座っていて、もうひとりはしゃがんで座っていました。
二人ともタバコを吸っており、休憩していたのでしょう。


さて、これをお客様が見たら何と思ったのでしょうか。
弁当者の入口前のベンチで、見栄えの悪い姿勢の従業員がタバコを吸いながら話をしている。
お客様全員が思ったわけではないでしょうが、あまりいい気持ちはしないと思います。
私自身は、この件を目撃して以来、この弁当屋を利用することはありませんでした。


タバコがダメだと言っているわけではないのです。
お客様からは見えないお店の裏手であれば、何の問題もない普通の休憩風景です。
でも、弁当屋のイメージを考えると、お店の入口前で行うものではありません。


お客様は利用している会社やお店の状況をしっかりと見ているもの。
選ばれ続けるためには、常にお客様の目を意識する必要があります。
お客様が持つイメージを損なわないように、会社やお店のあり方を従業員全員で共有しましょう。


お客様に選ばれる「社風力」をつくる!
蓬台 浩明
日本実業出版社
売り上げランキング: 258,843

この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - ビジネスの話