福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

受講者のモチベーションを上げるために工夫していること

   

1ef3f317dee230bb0b0a0ad0ed5860b1_s


スキルアップや資格取得系講座の講師を行うときに考えること。
それは「受講者のモチベーションをいかに上げていくか」です。


モチベーションは本人が上げるしかありません。
講師は受講者のモチベーションを管理することなどできないのです。
受講者のモチベーションが上がるように工夫していくしかありません。


では、私はどんな工夫をしているのか?
単純な方法です。
それは受講者の状況を常に把握すること。


受講者が練習や模擬問題を解いているときに、私は定期的に受講者の周辺を回っています。
そうすることで、受講者の現状を把握することに努めているのです。
問題にどれくらい時間がかかっているのか。
どこが苦手なのか。
また、得意なものはどれか。
前回と比較してどこが良くなっているのか。


現状を把握できたら、受講者に何と伝えるか。
その伝える言葉を考えます。
全員に伝える言葉。
相談に来た場合に伝える言葉。
言葉ひとつでモチベーションが変動するので、内容だけでなく、どういう風に言うかまで考えます。


こちらから相手のモチベーションを上げるということは無理な話です。
講師ができるのは現状を把握した上で、相手の心に火をつける言葉を伝えることだけ。
できることはモチベーションアップの手助けをすることだけなのです。


部下や周囲のモチベーションアップに悩んでいる方へ。
まずは現状を把握してください。
現状を確認できたら、伝える言葉を考えてください。
そうすることで相手のモチベーションアップの手助けができるようになります。


「やる気」のある自分に出会える本
笹氣 健治
スリーエーネットワーク
売り上げランキング: 125,940

この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - 講師のお仕事