福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

名言を深く読むことで、名言を自分のものにしよう!

   

b8229c967d61f30c78092e11a3b97700_s


名言が大好きな方って多いですよね。
Facebookやtwitterなどで定期的に名言を投稿されている方は割と多いです。
朝礼や訓示で名言を使って話をされる方も多いでしょう。


でも、私たちは名言を形だけでしか見ていないのではないか。
そんな疑問を持つことがあります。


「死ぬこと以外はかすり傷」という名言があります。
この名言が広まるきっかけは、水彩画家の永山裕子さんがラジオイベント用に作成した名刺の裏に書かれた言葉。
永山裕子さんのWebサイトにあるエッセイで「立ち直りが早いのはこの座右の銘のおかげ」と書かれています。
それがtwitterで広まり、TV番組のインタビューで一般の方がこの名言を発し、さらに広まったようです。


「死ぬこと以外はかすり傷」という言葉、これは素晴らしいです。
でも、この名言を字面だけ見て鵜呑みにしていいのでしょうか。


かすり傷は大したことのないケガかもしれません。
でも、かすり傷をそのまま放置してしまうと症状がひどくなります。
化膿し、最悪の場合は死ぬことだってありえるわけです。
そうならないように、実際は傷を消毒し絆創膏を貼る処置をするのです。


ちゃんと処置したかすり傷について、これ以上気にする必要はありません。
過去のかすり傷のことを思ってクヨクヨしていたら、ケガすること自体が怖くなって、いつまでたっても行動できなくなるのです。
かすり傷を負った原因を理解していれば、そのケガをしそうな行動だけを気をつければいいのですから。


そういったことを考えて、「死ぬこと以外はかすり傷」という名言を私なりに解釈するとこうなります。


人生で多くの失敗をすることがある。その失敗の原因を把握したらサッサと失敗の事実だけは忘れよう。そして、次の行動に移ろう!


人生では多くの失敗に遭遇することでしょう。
大きな失敗、小さな失敗。
失敗は大きな学びになります。失敗したら原因を突き止めましょう。
原因を突き止めたら、失敗した事実だけは忘れるようにします。
そうすることで、失敗を恐れずに次の行動に移ることができるのです。


名言というのは、短いながらもインパクトが非常に強い言葉です。
それゆえに、私たちは名言の字面だけを受けてしまう危険性があります。
気になる名言があったら、その言葉について深く考えてみましょう。
それを行うことで、気になる名言を本当に自分の中に取り入れることができるのです。

この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - 雑記