福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

わかりやく伝えるために最初に考えておくべきこと

      2016/05/30

60917ff52e055dd168f55ee7aba0e8f7_s


スピーチやプレゼンでわかりやすく伝えるために、最初に考えておくべきことがあります。
それは、伝えたい内容を自分が理解しているかということです。
わかりやすく伝えるためには、自分が伝える内容を十分に理解しておくことが重要です。


難しいことをわかりにくく伝えることは、とても簡単です。
難しい内容をそのまま伝えればいいのですから。
それは、伝えたい内容について自分もわかっていないことを告白するようなものです。
これでは説得力がないですよね。


一方で、難しいことをわかりやすく伝えるというのは、とても難しいもの。
なぜなら、わかりやすく伝えるためには、自分が内容を理解していないと出来ないからです。
説得力ある話をするには欠かせないことですね。


アルベルト・アインシュタインはこう言っています。


「簡にして要の説明ができないのは、十分に理解できていないからだ」


伝えることを仕事としている私は、この言葉を常に意識しています。
わかりやすい話をしたいのならば、このアインシュタインの言葉を意識しましょう。

この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - スピーチ, プレゼン, 講師のお仕事