福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

一度読んだ本は1年後に再読すると新たな発見がある!

   

d346d98b510d33eae9a6bff02dc14ecc_s


一度読んで面白いと思った本は、手元に残すようにしています。
残す理由は再読をするから。


一度読んだ本は時間が経ってから再読すると、新たな発見があります。
新たな発見とは、一度目に気づかなかったことに気づく機会があるということ。


新たな発見に出会ったとき、いつもこう思います。
何で一度目に読んだ時に気づかなかったんだろう、と。
それは、一度目の時点では問題意識がなかったからではないでしょうか。
再読したときに発見した気づきは、そのときに抱えている問題とリンクしているものなんです。


本は一度読んだら終わりではありません。
一度読んだ本は、1年後に再読してみてください。
時間を経て再読することで、新たな発見に出会うことができるものです。
その発見は抱えている問題を解決する糸口を見つけるものに。


本は味わい深いものなんですね。

この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - 読書