福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

読書の目標「年間300冊の本を読む」を約半年で達成できました!

      2016/07/11

417a3ddc820c6bdb618b97733322d44e_s


昨日(2016年6月12日)、300冊目の本を読了しました。
今年の目標の1つである「年間300冊の本を読む」を約半年で達成できました\(^o^)/
2013年から立てていた年間目標ですが、4年目にしてようやくの実現です!


目標を立てたものの、なかなか達成できず…


「年間300冊の本を読む」という目標を立てた理由。
それは読書量が落ちたことに対する危機感でした。
だんだんと落ちていく読書量と読書時間を再び増やしていきたいと思っていたのです。


2013年から目標をスタート。しかし、2013年はわずか39冊…。
これではいけないと、2014年は心を入れ替えて何とか260冊に。
昨年(2015年)は280冊までは読めました。300冊に届かなかったのはスロースタートすぎたため…。


4年目にして、300冊読了を達成できた理由


そして、今年(2016年)は昨年の反省からスタードダッシュに成功。
さらに、2月末から読書法を変えたことにより、読書スピードに勢いがつきました。
読書スピードがアップしたきっかけをブログに書いています。


年間読書量300冊を目指す男が読書スピードを上げた2つのきっかけ


1つは、頭の中で音読するクセを直したこと。
もう1つは、1回の読書で100%吸収しようと思わなくなったこと。
この2つを意識したことで、読書スピードが上がりました。


1回の読書で100%吸収する必要がないことは以下の2冊から学びました。


東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法
山口真由
PHP研究所
売り上げランキング: 5,933


印南敦史さんの著書については、以前ブログに書きました。


読書は内容を100%覚えようとしなくていい


あとは、ヒマな時間があれば読書に当てていきました。
その結果、平日だったら2冊、日祝日であれば3~4冊を読み終えるようになりました。


本を読み終えたら、ふりかえる時間をつくる


これは読書スピードアップとは関係ない話ですが、読んだ本についてふりかえる時間を作っていました。
読み終えた本についてSNSで投稿することで、読んだ本のことをふりかえるようにしています。
これについても以前ブログに書きました。


本を読み終えたら「ふりかえり」をしよう!


「年間300冊の本を読む」という目標を達成できましたが、これからも多くの本を読んでいきます。
面白い本、ためになった本があれば、どんどんブログに書いていきます。

この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - 読書