福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

「『つながり』で売る! 7つの法則(by藤村正宏)」を読んで:これからは「つながりの経済」になる!

   

「『つながり』で売る! 7つの法則(by藤村正宏)」を読んで


IMG_8594


藤村正宏さんの最新刊「『つながり』で売る! 7つの法則」を読みました。


「つながり」で売る! 7つの法則
藤村 正宏
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 61

約半月前にFacebookでの告知を見て、すぐAmazonで予約。
ようやく本日(7月9日)お昼に届きました。


本書のキーワードとなる「つながりの経済」の特徴について、著者の藤村さんはこう書いています。


「まずSNSでつながる→そこで共感したり好感を持ったりする→その後に商品が買われる」


「つながりの経済」を表している事例が本書に多く登場します。
本書に出てくる事例には共通点があります。
それは「自分の個性を前面に出して発信している」ということ。


藤村正宏さんや藤村さんが主催する「エクスマ塾」の塾生の方々、エクスマに賛同している方をTwitterやFacebookでフォローしています。
フォローしている皆さんは、普段の自分や自分の好きなことなど、個性を前面に出した投稿をしています。
取り扱っている商品やサービスに関する情報も発信していますが、売り込み投稿はありません。


プロフィールページを見ることで相手を知ることもできます。
でも、普段の姿や好きなことなどを見ることで、相手を知るだけでなく、強い共感を持つことになります。
それが積み重なることで、自然と相手が提供する商品やサービスを購入しようと思うようになるのです。


本書でもこう書かれています。


人に興味を持つから、仕事やサービスに興味を持ってもらえる。


これはSNSだけしか使えないものではありません。
本書の事例にも出てきますが、店頭のブラックボードやPOP、DMでもできることです。


これからは、つながりがつながりを呼び、そして、つながった者同士が豊かさを受け取るようになります。
そんな環境において、SNSを使うことは重要になってきます。


SNSで売り込み投稿ばかりしていませんか?
投稿内容を客観的に見て、自分が何者あるのかがわかる投稿になっていますか?


本書は「つながりの経済」で生きていくうえでの指針となる一冊です。


藤村正宏さんの本は本書も含めて商売に役立つ内容ばかりなのでオススメです!

この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - 読んだ本