福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

SNSビジネス活用のコツは「自分の魅力を発信する」こと

   

SNSをビジネス活用するコツ。それは「自分のことをもっと発信する」こと


575bac85c22df69d6edff53da9a7e374_s


SNSをビジネス活用したいと考える事業者の方は多いでしょう。
うまく活用されているなぁと感心し、その手法を参考にさせていただく方がいらっしゃいます。
その一方で、なんでこんな使い方をするんだろうと、投稿を見るたびにガッカリさせられる方もいます。


うまく活用している人と活用できていない人は、投稿の内容が違います。


活用できていない人に共通するのは、ビジネスに関する投稿ばかりということ。


SNSで投稿されるのは、自分や自社があつかう商品やサービスに関する投稿ばかり。
読み手からすると、会うたびに商品やサービスのことばかり言われるようなもの。
売り込み、いや、押し売りされていると感じるのです。
これでは、誰も関心を持たなくなります。関心どころか、自分のもとから離れていきます。


うまく活用している人の共通点は、プライベートに関する投稿も惜しみなく出していること。


最低限のプライバシーを考えつつ、自分のプライベートを公開しています。
そして、ときどき自分のビジネスに関する投稿をします。
ビジネス関連の投稿も商品やサービスの紹介ではなく、読み手に役に立つ情報を発信しています。


読み手からすると、プライベート投稿を見ることで投稿者の「人となり」がわかります。
人となりがわかると、読み手は安心します。投稿者を信頼するようになります。
投稿者がたまに発信するビジネス投稿は、読み手にとって役立つ投稿。
読み手の投稿者に対する信頼はさらに上がります。


これが続くと、見る側は「この人から買おう」と思い行動を起こしてくれるのです。


「読書のすすめ」店主の清水克衛さんは著書「商売はノウハウよりも『人情力』」でこう書いています。


商売で大切なのは、店主の魅力です。(P.99)



店主の魅力を出すには、商品やサービスに関する投稿だけでは出せません。
魅力を発信するには、好きなことや考えていることといった、自分のプライベートも出していく必要があるのです。


「エクスマ(エクスペリエンス・マーケティング)」を提唱しているコンサルタントの藤村正宏さんは最新刊「『つながり』で売る! 7つの法則」でこう書いています。


SNSで仕事のこと以外は発信してはいけないと思っている人がたまにいますが、そんなことはありません。
あなたの日常をたくさん発信しましょう。
あなたの「個」を出しましょう。(P.174)


「つながり」で売る! 7つの法則
藤村 正宏
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 160

SNSをビジネス活用したいと思っている方。
自分があつかう商品やサービの投稿よりも、自分自身のことを発信しましょう。


読み手はSNSで商品やサービスのことを知りたいんじゃない。
あなたがどんな人なのかを知りたいのです!

この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - ソーシャルメディア・SNS