福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

ブログやSNSで素材集の画像を使うときに必ずやるべきこと

   

画像素材集にある画像をブログやSNSで使うときは、「利用規約」を必ず読もう!


05e4597f97c9f455e567e9422c3d5a21_s


ブログやSNSで画像を使いたいけど、手持ちの写真では記事にあうものがない。
そんなときは素材集から記事にあう画像を探して使うことになります。


無料・有料にかかわらず、素材集を使う場合に必ずやるべきことがあります。
それは利用規約を必ず読むことです。


無料素材集にある画像を使うときは、クリエイティブ・コモンズも確認すること!


無料素材集を使うときは、まず利用規約を読んで商用利用可能かどうかを確認しておきます。
完全なプライベートブログであれば、商用利用可能かどうかを気にする必要はありません。
会社やお店のブログ、ビジネスでの活用を主目的としたブログであれば、必ず商用利用可能かを確認してください。


また、無料素材集ではクリエイティブ・コモンズも確認してください。
クリエイティブ・コモンズとは、提示された条件(作品のクレジットを入れる、など)に従うのであれば自由に使ってよいとするものです。


クリエイティブ・コモンズについては、以前の記事「ブログなどで無料の写真素材を使いたいときに気をつけるべきこと」で書きました。
そちらも参照してください。


ブログなどで無料の写真素材を使いたいときに気をつけるべきこと


あと、素材集サイトによっては画像を直接貼りつけるのではなく、リンクで貼り付けるように規定されているところもあります。
必ず、利用規約などで確認をしてください。


有料素材集にある画像をSNSで使うときは、利用規約などで条件を確認しておくこと!


有料素材集を使うときも、利用規約を必ず読んでください。
特に、SNSの投稿に有料素材集の画像を使うのであれば、気をつけるべきです。


たとえば、Adobeが運営してる有料素材集に「Fotolia」というサイトがあります。
Fotoliaで公開されている画像についての使用用途が書かれている「サイズと使用用途 > 画像」のページにある制限事項ではこう書かれています。


またソーシャルネットワークでの使用に関しては、以下条件のもと使用可能です:
・掲載サイズは、1000 x 1000 ピクセル以下であること
・そして、画像上にコピーライトを表示すること


掲載サイズとコピーライトの表示が指定されているので、Facebookやtwitter、instagramなどのSNSで使う場合は、このルールに従わなけれないけません。
(実はFacebookに投稿されている写真投稿の中に、明らかにFotoliaの写真を使った投稿がけっこうあります。そして、上記ルールに従っていないものが多い。)


Fotoliaだけでなく、有料素材集ではSNSで使用する場合の制限事項を設けているサービスは多いのです。
SNSで有料素材集の写真を使う場合は利用規約などを必ず確認してください。


他人がネット上に公開している写真を勝手に使っちゃダメ。勝手に使った写真を加工するのはもっとダメ!


ここからは余談になります。


たまに、他人がネット上に公開している写真を使っているものを見かけます。
もし、写真の権利者に許可をもらわずに勝手に自分のブログやSNSにアップするのは写真盗用になります。
絶対にしてはいけません!


また、他人がネット上に公開している写真を使った上で加工することも勝手にやってはいけません。
これも加工してもよいかを権利者に許可をもらっておく必要があります。


あと、芸能人の写真を使うのは細心の注意を払ってください。
肖像権(芸能人の場合であれば、パブリシティ権)があります。
「引用・出典です」と言っても、肖像権はまた別になるはずなので、これも使用の許可をもらっておく必要があります。


ブログやSNSで素材集の写真を使う場合は、利用規約などを必ず読んでくださいね。

この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - ソーシャルメディア・SNS, ブログ