福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

「声もいい男」研修講師流 読書メモのつくり方

      2016/09/09

読書メモ作りはクラウドを徹底的に活用する!


e15190f7d68796c7a365c55a0c5a7ddd_s


小説やエッセイ以外の本を読むとき、気になるところがあれば「読書メモ」に残すようにしています。
読書メモは、Evenoteを中心に、FacebookやInstagramに記録しております。


本を読んでいて気になるところに出会ったら、とりあえず付せんを貼っています。
もし、付せんがないときはスマホで撮影。


電子書籍(KindleやKoboなど)の場合、気になるところにはハイライト(マーカー)を付けておきます。


本を読み終えた後、まとまった時間があるときにEvernote内の読書メモ用ノートブックに記録。
付せんやハイライトをつけた箇所を入力しています。


Kindleの場合は、自分がつけたハイライトの記録を確認できるWebページがあるので、そこからEvernoteなどにコピペ。
Kindle Unlimitedで読んだ本につけたハイライトも記録に残っています。


Amazon Kindle:Your Highlights


このYour Highlightsは下記のブログ記事で教えてもらいました。


Kindle Unlimitedは情報収集、ブログ量産ツールとして積極的に活用するべきだ – 僕が自由を証明しようと思う


Everenoteに記録した読書メモを、FacebookやInstagramにも投稿。


ちょっとした時間があるときには、スマホのアプリを使って読書メモを読むようにしています。

この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - 読書