福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

「バスガイド流プレゼン術(by伊藤誠一郎)」を読んで

   

「バスガイド流プレゼン術(by伊藤誠一郎)」を読んで、ひとりよがりなプレゼンから脱却しよう!


img_9666


プレゼンで一番やってはいけないこと。
それは「ひとりよがりなプレゼン」をすることです。


ひとりよがりなプレゼンとは、話し手である自分のことばかりに意識が集中してしまい、聴き手をおいてけぼりにするプレゼンのこと。
どんなにプレゼンテクニックを身につけても聴き手のことを考えないようでは、いつまで経ってもプレゼンが上達しません。


ひとりよがりなプレゼンから脱却するのに役立つ本を先日読みました。
それは伊藤誠一郎さんの著書「バスガイド流プレゼン術 天才ジョブズよりも身近な人に学べ」(CCCメディアハウス)です。


バスガイド流プレゼン術 天才ジョブズよりも身近な人に学べ
CCCメディアハウス (2013-09-20)
売り上げランキング: 32,479

プレゼンの主役は誰か。
著者の伊藤誠一郎さんは本書「バスガイド流プレゼン術」でこう書いています。


プレゼンテーションの主役は、間違いなく聴き手です。


伊藤誠一郎さんの言うとおり、プレゼンの主役は”聴き手”なのです。
話し手が主役ではありません。
当たり前だけれど、このことに意外と気づいていない方がいらっしゃるのではないでしょうか。


伊藤誠一郎さんは話し手が主役になってしまう要因となるものについて書いています。


「自分がいかに相手を説得するか」「自分がいかに相手に話を伝え切るか」ということばかりに意識が集中しすぎると、いつの間にか「自分」が主語になってしまいます。


プレゼンにはさまざまな形態がありますが、そのひとつに”説得型プレゼン”があります。


提案内容を採用していただくよう説得する”説得型プレゼン”を行う場合、本書「バスガイド流プレゼン術」でも書かれているように「自分がいかに相手を説得するか」に意識が集中しやすくなります。
このとき、自分がプレゼンの主役だと思うようになり、聴き手のことが頭からすっぽりと抜け落ちるのです。


そうすると、プレゼンで話す内容は聴き手にとって興味ないものになってしまいます。
聴き手のことを考えているようで、実は話し手側の都合で言っているのが透けて見えるから。


説得型プレゼンにおいて、何よりも大事なことは聴き手のことを考えることです。
本書「バスガイド流プレゼン術」ではこう書かれています。


まずは主役である聴き手をしっかり見て、徹底的に情報を集めることに専念します。「聴き手は誰なのか」「聴き手は何を知っていて、何を知らないのか」「聴き手は何に対して喜んでくれるだろうか」ということを、冷静に見極めなければなりません。


聴き手のニーズを理解することが大事なのです。
そのためには、聴き手に関する情報を集めなければいけません。
聴き手の情報がわからないと、聴き手に喜ばれることが何かがわからないから。


プレゼンがうまくいかないことが続いているのは、テクニックのせいではありません。
ただ、聴き手のことを考えていないだけなのです。
聴き手の情報を集め、聴き手が喜ぶプレゼンを行うことで、うまくいく可能性が高くなります。


本書「バスガイド流プレゼン術」では、プレゼンの本質がわかりやすく書かれています。
プレゼンで悩んでいる方は、まずは本書を読んでみてください。

この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - 読んだ本