福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

プロセスと結果、どちらを重視すべきか?

      2016/11/23

結果も重要だけど、もっと重要なのはプロセスである


5f931e0770ccfb9f47856fb2a76299b3_s


「プロセス」と「結果」。どちらを重視すべきか。
これは1つのテーマとして多くの方がさまざまな意見を述べています。


「プロセス」と「結果」についての私個人の意見。
当たり前の話ですけど、どちらも重視すべきです。
プロセスもしっかりと行って、良い結果となるのが一番。


でも、より重視しなければならないのはどちらかと言われると、私はプロセスの方だと考えています。


「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし。」
この言葉は、肥前国平戸藩の9代藩主・松浦清(松浦静山)が著した剣術書「剣談」に書かれたもの。
野球解説者の野村克也さんが監督時代によく引用されていたので、野村克也さんの名言として有名ですね。


勝つときは、自分側に勝因となるものがあって勝つ場合もあれば、なぜかラッキーなことが起こって勝ってしまう場合もあります。
一方、負けたときはアンラッキーで負けるということはなく、必ずどこかに敗因となるものがあるのです。


負けたときは、なぜ負けたのかを徹底的分析する。
そして、勝ったときは「勝った、勝った」と喜ぶのではなく、その勝ちがどんな勝ちなのかを把握しておくことも大事です。


ちゃんと勝つ要因があって勝ったのか。
ただのラッキーだったのか。
もしかすると、本当は負けの可能性が強かったのが、たまたまラッキーで勝っただけかもしれないのです。


結果だけを見て終わりにするのではなく、結果を分析して、それをプロセスに反映する。
勝因となったプロセスがあったら、それをさらに磨いていく。
負けたときは、悪いプロセスは修正し、良いプロセスは磨きをかける。


プロセスがあって結果がある。
だからこそ、結果以上にプロセスを重視すべきだと思うのです。

この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - ビジネスの話