福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

人を紹介するときに気をつけるべきこと

   

紹介する人の行動次第で、紹介した側の評価が変わる!


74ebcd21588946be3aef69b273cf45bc_s


数年前に私が経験した話です。


ある日、Aさんから「Bさんを紹介するので、その人にSNSのビジネス活用についてアドバイスをしてほしい」と電話がありました。
Aさんとは2週間くらい前に知人の紹介で一度会っただけで、まだ親しい間柄ではありませんでした。
せっかくのご依頼なので「いいですよ」と返事。


翌日、Bさんから電話をいただき、1週間後に会うことを約束することに。
このとき、日にちは決まったのですが、時間は私の先約の仕事を終えたあとにするとして、後日Bさんから具体的時間を連絡するということになりました。


Bさんから時間指定の連絡がないまま、約束当日を迎えました。
私の仕事が終わる時間になっても連絡がないので、こちらから連絡をしました。
すると、Bさんから「すみません。具合が悪いのでキャンセルさせてください。後日また連絡します」との言葉。


その日、予定は流れました。
それ以降、Bさんからの連絡はなし。
Aさんからも何の連絡もありませんでした。


Bさんに対しては、なんてマナーのない人だろうと思いました。
具合が悪いなら、自分から連絡すべきもの。電話に出ることができる状態ならなおさら。
私の携帯番号を知っていたのですから、SMSでの連絡だっていいわけです。


そして、Aさんにも憤りを感じずにはいられませんでした。
「こんないい加減な人を紹介するなんて!」と。


このとき、人を紹介することの怖さを思い知りました。


紹介する人間の行動により、相手に迷惑がかかった場合。
迷惑の状況次第では、紹介した人間の評価にも関わってくるのです。


人を紹介するとき。
紹介する人間にとっても、紹介を受ける相手にとっても良かったと思える出会いとなるようにしたい。
そういった出会いのお手伝いをしたいですよね。

この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - ビジネスの話