福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

そもそもお客さまを自動で集めようと考えるのは失礼な話

   

何も考えずにSNS自動集客ツールを使っていると嫌われますよ!



こんにちは!
福岡の「声もいい男」研修講師、野見山ともたかです。


以前、twitterで投稿したときに感じた話。
つぶやきを送信すると、送信終えた瞬間に同じ人物から「いいね」がつくことがありました。


最初は、たまたま同時のタイミングになったのかなと思っていたんです。
しかし、日中の時間帯につぶやいた投稿について毎回送信後すぐに同一人物から「いいね」がつきました。


これはおかしい。
私はそう思いました。


毎回毎回タイミングよく送信後すぐに「いいね」がつくのはありえません。
もし、日中PCやスマホに張りついていたとしても、毎回送信の直後につけるのは難しいはず。


そして、私はこう結論づけました。
「あ、これは自動いいねツールを使っているな」


ネットではtwitterやFacebookを利用した「自動集客ツール」なるものが売られています。
この自動集客ツールの機能は商品によって一部異なると思いますが、共通する機能は以下のとおり。


・あらかじめリストに入れたアカウントが投稿したら自動的に「いいね」を押す
・設定したハッシュタグやキーワードを投稿したアカウントに「いいね」を押したり、フォローしたりする


ツールを利用している人からすると、とても便利だと思うでしょう。
でも、ツールを使って「いいね」をつけられている側からすると、こう思うんですよ。


「あぁ、私のことを全く思っていないな」


お客さまは自分のことを認識してくれる人やお店を応援します。
「ここは私のことを全く思っていない」と感じた瞬間からお客さまは離れていきます。


安易に自動集客ツールを使う手法は「私のことを全く思っていない」があきらかに透けて見えるのです。


そもそも、お客さまを自動で集めようと考えるなんてお客さまに失礼な話だと思います。
自動で集められていると感じたお客さまは「ふざけるな!」と怒りますよ。


お客さまのことを無視した自動集客ツールの使い方は「自動離客ツール」にしかなりません。


日々、一人ひとりを大切に思うことが大事なんです。
成功し続ける人は自動集客ツールを使うことはありません。
できる限り、一人ひとりとコミュニケーションを重ねることが大事なことを知っているから。
一人ひとりを大事にしているからこそ、成功し続けているのです。


お伝えしたいことは以上です。

この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - ソーシャルメディア・SNS