福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

良書とめぐりあうためにはどうすればいいのか

   

良書とめぐりあう確率を高めたいなら書評やブックガイドを活用する!



新年あけましておめでとうございます。
福岡の「声もいい男」研修講師、野見山ともたかです。
2018年もよろしくお願いいたします。


先ほど、ライフネット生命創業者・出口治明さんの著書「リーダーは歴史観をみがけ 時代を見とおす読書術」(中公新書ラクレ)を読み終えました。


リーダーは歴史観をみがけ - 時代を見とおす読書術 (中公新書ラクレ)
出口 治明
中央公論新社
売り上げランキング: 95,190

本書は、読書家としても知られる出口治明さんが読売新聞や書評サイト「HONZ」で書いてきた書評をまとめたものです。
興味深い本が数多く紹介されており、知的好奇心や読書欲を刺激されます。
まずは紹介されている新書を読もうと思います。


読書が好きな人がぶつかるであろう悩みのひとつに「良書とめぐりあうにはどうすればいいのか」というものがあります。
私もこの悩みを持ったことがありますし、時折こういった質問をいただくこともあります。


正直な話、良書に百発百中で当たるなんてことはありえません。
面白そうだと手にとってみたら「失敗した…」と感じることの方が、実際に良書にめぐりあうことよりも多いでしょう。
良書にめぐりあうためには、とにかく本を読み続けるのが一番かもしれません。


でも、なるべく良書にめぐりあう確率を高めたい。
確率を高めるのに一番良いのが「書評やブックガイドを読んで面白いと思った本を買う」ことだと思います。


書評やブックガイドは、書評家が読者に本の面白さを伝えるために書かれたもの。
その書評を読んで面白いと思ったら、実際の本も面白いと感じることが多いと思います。


私も書評を読んで面白そうだと思った本はなるべく買うようにしています。
実際に読んでみて面白いと感じることがほとんどですね。


良い本・面白い本にめぐあう確率を高めたいと思う方は、書評やブックガイドで面白そうな本を探してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - 読書