福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

読書を「未来への投資」にするために

      2018/06/04

読書を意義あるものにするためにはアウトプットが欠かせない


こんにちは!
福岡の「声もいい男」研修講師、野見山ともたかです。


読書は気軽にできる未来への投資です。
人生を豊かにするために、多くの本を読むことをオススメします。


しかし、読んで終わりでは未来への投資にはなりません。
読書を終えた後に、読んだ本を活かすことが最も重要なのです。


本の活かすにはアウトプットが欠かせません。
アウトプットにもいろんな方法があります。


たとえば、本の内容を人に話してみる。
そうすることで内容をより深く理解できるようになります。


また、書かれている内容を1つでもいいから実行することもアウトプットの1つです。
本の内容1つを習慣化することで、習慣によって自分が変わっていきます。


本を読んで終わりにせずに、本を活かしてみませんか。
それが読書を「未来への投資」にするのです。

この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - 読書