福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

自分も満足、周りも満足な貢献をしよう:『まずは、あなたのコップを満たしましょう』を読んで

   

周囲に貢献するならば、まずは自分の心を満たしましょう



こんにちは!
福岡の「声もいい男」研修講師、野見山ともたかです。


私の両親は現時点(2018年5月24日)で元気に過ごしています。
人生100年時代に近づいているとはいえ、両親の年齢が70歳を越えてくるといろいろと考えます。
特に、介護や病気のことを考えます。
そのとき、自分はどういう気持で向き合えるのかなと思っても、なかなか答えはでてきません。


もし、家族の介護や看取りを迎えるときは、こんな心持ちでいようと思える本に出会いました。
それは、玉置妙憂さんの『まずは、あなたのコップを満たしましょう』です。


まずは、あなたのコップを満たしましょう
玉置妙憂
飛鳥新社 (2018-06-07)
売り上げランキング: 29,722

『まずは、あなたのコップを満たしましょう』は、現役の看護師でもある僧侶の玉置妙憂さんがガンであったご主人を家族とともに「自然死」で看取った体験もふまえて、「幸せな生き方」や「幸せな最期」について語った本。


2018年6月7日刊行予定で、本の応援団サイト「NetGalley」でプルーフ本(ゲラ)を読みました。


本書のタイトル「まずは、あなたのコップを満たしましょう」は、自分自身を十分に満たしてからでなければ、周りのために貢献することはできないことを意味しています。


自己犠牲精神をもって介護に当たらなければないように思われていますが、これで介護をする側受ける側双方の心が疲れてしまいます。
苦しいときや悲しときほど、自分が好きなことをして自分の心を満たすことが大事になります。
周囲への貢献を自己犠牲で行うのではなく、自分の心を満たすことも忘れてはいけません。
また、周囲も介護をしている人のことを考えて、自己犠牲を強いるようなことをしてはいけません。
そのことを本書は教えてくれます。


看護師でもあり、僧侶でもあり、そして、ご主人の「自然死」を看取った経験を持つ玉置妙憂さんだからが語る「幸せな生き方」や「幸せな最期」の話は胸に響くことがたくさんあります。


本書は多くの人に読んでほしいです。
特に、ご家族の介護をされている方に読んでいただければなと思います。

この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - 読んだ本