福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

速読を身につける前にやるべきこと

   

読書を習慣化しないと、速読は身につかない


こんにちは!
福岡の「声もいい男」研修講師、野見山ともたかです。


一日一冊以上、本を読んでいます。
2016年は707冊、2017年は808冊の本を読みました。
今年は6月3日時点で219冊です。


今でこそ本を早く読めるようになりましたが、最初から早く読めたわけではありません。
読書を始めた頃は200ページもない薄い新書本を読むのに3日もかかりました。
毎日本を読む時間をつくり、読書を続けてきました。
読書を習慣にして積み重ねた結果、本を早く読めるようになりました。


速読を身につけたいならば、まず読書の習慣を身につけることをお勧めします。
そもそも読書の習慣がない人が、速読テクニックを身につけようとしてもうまくいきません。
最初はゆっくりでいいので、一日のどこかで読書するようにしてください。
毎日読書を続けると、自然と早く読めるようになります。

この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - 読書