福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

『少女パレアナ』を読んだことはありますか?

   

『少女パレアナ』から世界の見方を学ぼう!



こんにちは!
福岡の「声もいい男」研修講師、野見山ともたかです。


『少女パレアナ』を読んだことはありますか?


少女パレアナ (角川文庫クラシックス)
エレナ・ポーター
角川書店
売り上げランキング: 32,141

『少女パレアナ』は、気難しい叔母に引き取られた少女パレアナが、亡くなった父から教わった「何でも喜ぶ」ゲームを通して、町の人々を、叔母の心を明るくしていく物語。
かつて日曜日19時30分に放送されていた「世界名作劇場」シリーズの『愛少女ポリアンナ物語』第一部の原作としても知られています。


世界名作劇場・完結版 愛少女ポリアンナ物語 [DVD]
バンダイビジュアル (2010-01-27)
売り上げランキング: 32,357

本のソムリエとして有名な「読書のすすめ」店主・清水克衛さんの著書で紹介されたことがきっかけで、昨年になって初めて読みました。
(子どもの頃は読書が好きになれず、自宅にあった世界少年少女文学全集が埃かぶっていいました…)


『少女パレアナ』を読んで思ったこと。
それは「世界の見方」を変えると自分が変わることです。
そして、「世界の見方」を変えた自分の気持を素直に発信し続けることで世界が変わること。


自分の人生を良くするのも悪くするのも、世界をどう見るかにかかります。
パレアナのように、世界そして未来に良いことがあることを信じていこう。
『少女パレアナ』を読んでそう思った次第です。

この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - 読んだ本