福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

立場によって相手に対する態度を変えない

   

「お客さまは神様です」を間違って解釈してはいけません


こんにちは!
福岡の「声もいい男」研修講師、野見山ともたかです。


自分がお客さまの立場になると、お店の人に対して横柄な態度になる人がたまにいます。
そういう人は「お客さまは神様です」という言葉の意味を間違って解釈しています。


三波春夫さんの名言「お客さまは神様です」は、自分の芸を磨くことの重要性を語ったものであって、お客さまを神格化する言葉ではありません。


これはお客さまと店員の関係だけでなく、発注先と受注先、先生と学生などにも言えることです。
「たまたま」立場が上だからといって、相手に対して神様のごとくふるまうことまで認められているわけではありません。
そこを間違えると、セクハラやパワハラなどのハラスメント問題に発展するのです。


立場によって相手に対する態度を変えてはいけません。
お互いがどんな立場であっても、互いに敬意を表し合う(リスペクトする)関係にすることが、社会をより良くするのだと私は思います。

この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - コミュニケーション