福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか

福岡を中心に活動する「声もいい男」研修講師 野見山ともたかが「講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。

時代の変化に対応するために学び続ける:『「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ』を読んで

   

独学で学べる環境はある。あとは行動あるのみ!



こんにちは!
福岡の「声もいい男」研修講師、野見山ともたかです。


人生100年時代といわれる超長寿社会に突入しつつあります。
また、テクノロジーの進化により技術進歩のスピードが格段に早くなっています。
超長寿社会の到来で80歳近くまで現役で働くことが現実味をおびる一方で、技術進歩の超スピード化により数年前に学んだ知識が役に立たなくなる可能性が大いに高くなります。


これからの時代は、何歳になっても時代の変化に対応できるよう勉強を続けることが大切です。
特に、独学で勉強することです。独学のメリットは小回りがきくこと。
これを勉強したいと思えば、すぐに動くことができるのが独学の良さです。


時代の変化に対応できるよう独学を勧めるのが、野口悠紀雄さんの著書『「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ』(角川新書)です。


「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ (角川新書)
KADOKAWA / 中経出版 (2018-06-09)
売り上げランキング: 205

『「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ』は技術進歩と社会変化のスピードに対応できるになるための独学法を説いた本で、独学のメリットや独学するための心構え、学ぶべきことの探し方などが書かれています。


現代はネットやスマホにより低コストで気軽に勉強できる環境が整っています。
例えば、中学、高校で勉強したことを学び直したいなら、リクルートの「スタディサプリ」や家庭教師トライの「映像授業 Try IT(トライイット)」があります。


プログラミングなどのIT系であれば、「ドットインストール」や「Udemy」など。経営の基礎を学ぶのであれば、グロービスの「グロービス学び放題」などがあります。


独学で一番大事なことは行動すること。
自分が勉強したいことを見つけたら、集中して勉強してみましょう。


また、一日一つのことについて検索する、新聞の見出し部分を全ページ分見る、SNSで話題になっていることを調べるなど、好奇心の枠を広げることもしておきましょう。
そこから、自分が勉強したいことが見つかるかもしれません。


独学で学べる環境や方法は探せば、数多くあります。
あとは、行動するだけです。

この記事を書いた人

野見山ともたか
野見山ともたか
福岡を中心に活動している「声もいい男」研修講師。野見山朋尚です。
読書とゲーム、そして、スーパーロボットと仮面ライダーが大好きです。
「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。

 - 読んだ本